滋養強壮サプリメント

 

 

高麗人参は同じ土地には60年間は育たないといわれ
栽培年数により1年根、2年根などがあり
1年に1個ずつ増え4年から6年かけて収穫されます
また6年根が最もよいもとされています

高麗人参の種類には、水参(すいじん)、白参(はくじん)、紅参(こうじん)があります

水参(すいじん)

生のにんじんのことで水参はすべての人参製品の原料になります
サポニンの含有量は1年根で10パーセント、2年根で15パーセント、6年根で20パーセントになります
腐ったり割れやすくなるので6年以下で出荷されます

白参(はくじん)

人参を水洗いした後薄皮をはがして乾燥させたものです
天日や熱風乾燥させ白い色をしています

紅参(こうじん)

人参を水洗いして皮をはがさずそのまま蒸して乾燥したものです
赤褐色で固いのが特徴です
もっともサポニンの含有量が多い製法で最も薬効が高い製法です

高麗人参で最も有効成分を含むのが紅参です

サポニンは皮の内側に集中しており皮をそのまま使用する紅参(こうじん)は
そのほかの製法よりもサポニンを豊富に含んでいます

また蒸すことでサポニンの量や種類が増え吸収力が高くなります
エキスの吸収率は白参(はくじん)の1,5倍になります

蒸すことで抗酸化化合物などの有効成分が生まれます
紅参(こうじん)には40種類のジンセノサイドといわれるサポニン配糖体を含み
サポニン配糖体は体のバランスを整え様々な症状を緩和してくれます

そのほかアミノ酸、ペプチド、核酸、食物ステロール
ビタミン、粗繊維、ペクチンなどをバランスよく含んでいます

最大の特徴はジンセノサイドという高麗人参特有のサポニン群を40種類も含んでいることです
ジンセノサイドとはginseng(高麗人参)glycoside(配糖体)の
造語で高麗にんじんに含まれる配糖体を意味しています

 

サポニンは大豆にも含まれ水に溶けると泡立つ性質があります
サポニンは大量に服用すると毒性を示しますが高麗ニンジンのサポニンのジンセノサイドは
毒性がなく大量に服用しても副作用もありません

紅参(こうじん)にはジンセノサイドRb1からRoまで40種類のサポニンがあります
ジンセノサイドはジオール系、トリオール系、オレオール系の3つがありそれぞれの作用があります

ジオール系は中枢神経に働き末梢神経を拡張する働きがあります
トリオール系は中枢神経を興奮させ血管を収縮させます

2年根ではジオール系が多く含まれ6年根では両方がバランスよく含まれています

またアルギニン誘導体(AGF)や遊離アミノ酸のアルギニンがあり
このAGFは紅参の製造過程で出来るもので白参にはほとんど含まれていません
アルギニン誘導体(AGF)は腸管から吸収された後一酸化窒素合成酵素のもとになり
一酸化窒素を作り血管を拡張させます

それにより毛細血管を流れる血の量が増え、肩こり、冷え性、偏頭痛、糖尿病の改善につながります

 

高麗人参の効果

 

むくみを改善する効果

高麗にんじんには血流を促し冷えや睡眠不足やむくみを改善します
ホルモンの乱れが原因の場合もホルモンバランス調節機能により浮腫みを緩和します
更年期におこる浮腫みも改善してくれます

 

便秘改善する効果

自立神経は消化、吸収、排便など腸管をコントロールしています
自律神経が不安定になると影響を受け便秘の原因になります
高麗人参にはストレスを緩和して自律神経の働きを正常にする働きがあります
また腸管で乳酸菌を増殖して腸内環境を改善します

 

胃腸の改善

高麗人参は自律神経を沈静する作用があり
正常な胃液の分泌をうながし食欲を増進します
またストレスを緩和して潰瘍部分を修復するためのヘキソサミンなどの合成を促進します

 

動脈硬化を予防する効果

高麗人参は善玉コレステロールを増殖させ悪玉コレステロールの除去してくれます
コレステロールの分解、排出を促し血栓をできにくくして動脈硬化を予防します

 

冷え性改善

高麗人参は冷え性には有効に作用します
高麗人参は脳下垂体に作用して副腎皮質ホルモンの分泌を促進します

これにより血液の流れをスムーズにして赤血球変形態を活性化することで
全身に酸素が行き渡り冷え性が改善します

また高麗にんじんは抹消血管の拡張作用があり抹消循環不全による
症状や頭痛、頭重、肩こり、腰痛、立ちくらみ、息切れなどの効果が期待できます

 

糖尿病の改善効果

高麗人参の糖尿病への効果は様々な試験がおこなわれ
高麗にんじんに含まれる水溶性のピログルタミン酸や酸性ペプチドにインスリン様の働きがあり
血糖、総コレステロール、中性脂肪などを低下させることがわかっています

抹消循環改善、抗動脈硬化、中枢神経に対する作用、向精神作用、腎臓への作用
全身の状態の改善をして糖尿病を改善していく作用があります

 

不眠症の改善

高麗にんじんは不眠にも効果があります
高麗にんじんに含まれるサポニンはホルモンバランスを整え精神や神経を穏やかにします
ストレスのへの抵抗力が高まり、悩みやイライラで眠れない時も気持ちを穏やかにしてくれます

 

肩こり緩和

高麗にんじんには血流改善作用や自立神経のバランスを調節する作用があります
副腎皮質ホルモンが分泌され毛細血管が開き赤血球が通過しやすくなり

赤血球の数も増え赤血球変形形態もアップして毛細血管の血行が良くなり肩こりが改善されます

 

腰痛緩和

高麗人参は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを調節する作用があり
交感神経の興奮を抑える働きがあります

交感神経を落ち着かせ緊張した筋肉を和らげ
また血行を改善して患部を温め回復を促進します

 

疲労回復

副腎皮質ホルモンの分泌を促進してストレスを緩和します
副腎皮質ホルモンの分泌が少なくなると疲れやすくなります

高麗にんじんは脳下垂体に働きかけ副腎皮質刺激ホルモンを通じて
副腎皮質ホルモンの分泌を促進させ疲れている
臓器に対して疲労回復をうながし過剰な分泌には抑制作用が働きます

この作用によりストレスホルモンの分泌をコントロールしてストレスを緩和します

高麗にんじんは自立神経のバランスを調節することで胃液の分泌を正常にして
また便秘の解消作用などにより胃腸を元気にして食欲を増進させます

また高麗にんじんは肝臓や腎臓の機能を強化させます

高麗人参には赤血球を増やす作用があり血液の粘度を低下させる作用があり
新鮮な酸素や栄養素を体の隅々まで運び疲労回復につながります

 

関節痛の緩和

関節痛は関節を覆う軟骨が磨り減ることが原因ですが
軟骨はコラーゲン、プロテオグリカンコンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、たんぱく質
軟骨細胞、グルコサミン、水分から出来ており関節で接している
それぞれの骨の表面を3mmから4mm覆っています

軟骨には神経や血液が通っていないので一度磨り減ると再生することができません
そのために関節痛を予防、改善するためには膝に負担をかけないことが大事です

歩いたり走ると膝に体重の2倍から6倍の負担がかかるので肥満には注意が必要です
また関節痛は冷えによって悪化するので冷やさないことが重要です

高麗人参にはダイエット効果があります
さらに血行改善により冷え性を改善しジンセノイドRbや1Roによる抗炎症作用により
関節の痛みが緩和されます

 

高血圧の改善

高麗人参に含まれる成分サポニンは自律神経を安定化させ
交感神経の高ぶり(亢進)による血圧の上昇を抑えます

また高麗人参には血管を拡張させる作用があり血行をよくします
また赤血球は毛細血管を移動するために自由に形を変えることができます(赤血球変形態)

赤血球変形態の能力が低下すると赤血球は細い血管を通過できません
高麗人参には赤血球変形態の能力を高めて血液をサラサラにして血行を良くしてくれます

また高麗人参には過剰な血小板の凝縮を抑え血液がネバネバになるのを低下させます

高麗人参は低血圧にも効果があり
副交感神経の緊張を和らげ自立神経のバランスを良くして血圧を上昇させます

また強心作用により血液の拍出量が増加して十分に酸素が届いていなかった
細胞が活発に動くようになり血色がよくなります

また赤血球を作るのを促進する働きがあり貧血の改善にも効果的です

 

精力やEDを改善

高麗にんじんはEDの原因の生活習慣病を改善してくれます
また男性ホルモンを増加させ高麗人参の有効成分が血管を拡張させる一酸化窒素を増加させ
硬度と持久力を高めます

 

二日酔い予防

高麗人参のサポニンにはADH(アルコール脱水素酵素)と
アセドアルデヒドの代謝を促進するALDH(アセドアルデヒド脱水素酵素)を活性化させ悪酔させにくくします
アルコールは最終的に水と二酸化炭素になり体外に排出されます
高麗人参と同時に飲むと二日酔いが緩和されます

貧血を予防する効果

高麗人参には赤血球を作る骨髄の働きを活発にして貧血を予防する効果があります。

 

ストレスをやわらげる効果

ストレスを受けると副腎皮質からコルチゾールが分泌されます
コルチゾールはストレスホルモンともいわれています
コルチゾールが過剰分泌されると脳の海馬が萎縮しますが
高麗にんじんはコルチゾールの過剰分泌を抑えてくれます

また高麗人参のサポニンは体の状態を正常に保つように調整をしてくれ
心身のバランスが崩れるのを防いでくれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です